Entries

NMW

オッティモ!Zara

2016冬イベは早くも終了ですね。


というわけで、イベント開始から1週間で早くも通常モードに戻りつつあるウチです。
バケツが2900個以下にならなかったのが、今回のイベントの短さを物語ってると思う。

そんなわけで、艦これ2016冬イベントの後語りです。


まず、イベント全体としては、結構難易度が高かった。
「といいつつバケツが減ってねーじゃん!」って言われそうだけど、
甲難易度は、ラストダンスのボスが非常に堅く、
被害が甚大になるっていう難しさではなく、落としきれないっていう難しさなのよ。
でも工夫できるところが結構あって、それをすれば意外と抜けるっていう
絶妙な難易度だった。


キャー五十鈴サーン

精鋭対潜部隊で攻めたE-1

ラストがくっそ堅く、反航戦じゃ抜けないとまで言わしめた潜水棲姫。
反航戦でも対潜キャップになる4スロ軽巡や練巡を使うのがセオリーなのだけど、
E-1から好きな艦娘使わなくてどうする!ってことで、好きな艦娘で固めたかたち。
反航戦だったけど、3スロの五十鈴改二がちゃんと抜いてくれました。

確かに4スロは打点があるんだけど、潜水棲姫は結構避けるので、
命中の信頼ができる高レベル艦を使うのが結果としてジャスティスだったと思う。


サンキューアッシ

礼号組総動員!なE-2

一番苦労したのはE-3ではなく、ここE-2。
礼号作戦モチーフで、礼号組で行くと道中で楽ができる海域。
礼号組を育てたのはこのためとばかりに全員投入したのだけど、
実は、1人外しても行けるので、そこに航巡を入れるのが楽だったというオチ。
いやまぁ、ここまできて1人外す選択肢なんてないけど。

で、ゲージ破壊後だけど。
攻略してた当事は、まだE-3の情報が少なく、
また5時でゲージ回復するというウワサまであった始末で、
それを恐れたウチはE-3に出ずにしばらく沖波掘ってました。
それもあって、出撃回数だけ増えた増えた。
情報を収集は大事だけど、慎重になりすぎるのもダメって話。


沖波捜索隊

なお掘りではちゃっかり大淀を外して鈴熊にしてた模様。
いや、大淀もロケラン×2にするとかなり強かったらしい。あとの祭り。


E-3で最後

そして、最終マップのE-3へ
この時点でバケツ2992個かよ。

E-3は輸送ゲージと本隊ゲージとある二段階作戦。
2ステージに分けられるのに分けてないのは、
輸送連合の評判が悪いから、抱き合わせてるのだと憶測してる(笑)。


輸送時雨の余裕


輸送連合は相変わらずの支援ゲーなので、
支援がきっちり仕事すれば、ほらこのとおり、
余裕の表情でチョコ作りながら戦える。


最高のメンバーでおもてなし


その後の本隊ゲージはこんなメンバーで。
久しぶりにラストマップの編成に制限なしってことで、
これぞまさにベストメンバーって艦隊にしてみました。
いや、ほぼテンプレに近いけどね。


フィニッシャー北上


制限なし。真っ向勝負の殴り合い。
ガチ殴り合いを制し、最後に笑ったのは北上さんでした。



とまぁ、そんな感じで幕を閉じた冬イベ。

世間では濃厚な掘りイベントと言われているけど、
それはあくまで過去イベントで取り逃がした艦娘がいるひとにとっては。
いままできっちり回収できてるひとにとっては、拾うべきは沖波くらいなので
ウチも早々に終わってしまったのよね。
まるゆが掘れる有力なマップがあればなー。
微妙に余ってしまった期間と資材。どうしようかな、これ。
 
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://miraitsukai.blog10.fc2.com/tb.php/311-c9de0c8a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます