FC2ブログ

Entries

NKT

NKT(長く苦しい戦いだった……)


歓迎しよう、瑞穂さん

(画像が大きいので、サムネ化。珍しくクリックで拡大できるよ!)

出撃回数
76回
S勝利回数
71回
丙の瑞穂ドロップ率1.5%、乙の瑞穂ドロップ率2.0%と仮定したときの総瑞穂ドロップ率
72.8%

周回100回を越えても出ない人は5、6人に1人はいる計算なので、
まだマシなほうじゃないかな?


海風掘り

風雲掘り

合わせてこっちを載せてしまうとヘイト溜めるとわかりつつ、
比較対象として載せちゃう。

トータルでみれば、雪風というほどではないけど、
潮改二くらいの運で掘れたのではないかと。
なおE-7攻略のラストダンス(ry

ちなみに、こういうデータをとるのはわりと好きなんだけど、
ひとによっては全然記録をつけない、つけたくないってひとも多そう。
艦これは「運の管理」が非常に重要だと思ってるので、
データをつけるのもその一環とウチは思ってるよ!



2015年夏イベントの軌跡

今回のイベントの軌跡。

ウチの周りに提督は結構いるけど、
今回のイベントに関しては攻略のしかたが千差万別だった。

E-6だけ乙であとは丙でいい、E-7だけ甲やればいい、
オール甲でも、先に丙で掘る、後で白目むいて掘る…etc.

プレイスタイルやリアルの事情で、それぞれがいろんな判断をしてて、
過去イベのような、甲1本やってればいい、それ以下は丙提督と蔑まれる
っていう構図よりはよっぽどいいかなって思うのよ。

でも周りには最終的にオール甲で攻略した勢がそこそこいたから、
1個だけ乙に下げたのは未練がないといえば嘘になるかな。
でもこれは、朝霜掘りで失敗した苦い経験からの教訓やから、後悔はしていない。
乙に下げたことは、次のイベントへの教訓として持っていけばいいのさ。



-おまけ-

だがし

先週のモンスターファーム対戦会で優勝したらしい。賞品もらったよ!
フューチャーの勝率がさっぱりなのに優勝できたのは
たぶん呪術が絶好調だったベビードールのおかげ。
あとバトルクレイ。ネンドロって各距離にバランスのいい技と逆転技を両方持つので
状況に応じて使い分けなきゃいけない難しいモンスターのはずなんだけど、
マッパだけ打ってればいいっていうチートモンスターと化してた。

今週土日はずっと艦これのイベ掘りするかと思ってたところ、
思ったより早く終えることができたので、
今週末は賞品の本と駄菓子でまったりした過ごすのがいいかも。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://miraitsukai.blog10.fc2.com/tb.php/301-ddba0d61

0件のトラックバック

3件のコメント

[C536] (掘り回数は)ごめん、覚えていない

完遂おめですー なんという的確なホリ・ジツ
俺はこの手のデータはつけないタイプですねー
根がずぼらなのもあって、つける暇があったら堀に行こうな方針だったり、回数を認識して運用のまずさにへこんだりするのが嫌なのもあります 対戦会でも進歩がないのはこの性格もあるやも知れん

ただ今回のE4は補給艦のせいでろ号がカウント代わりになりました、余裕で終わっちまったぜ
  • 2015-09-06
  • ガブル
  • URL
  • 編集

[C537] 教訓ねぇ…

私は装備等がないからともかくとして

そちらの状態を見る限りでは…
甲でクリアするには…
資源は2万で十分なのよ
嘘やん
っていうぐらいしか…

そしてあまり貯めるつもりはないという、それってつまり…(ry
  • 2015-09-07
  • かす・ぽむが
  • URL
  • 編集

[C538]

>ガブルさん
だんけだんけ。
今回は堀りに厳しいイベントだったから、コンプできたのは結構嬉しかった。
瑞穂は見た目、性格、性能の面でみても欲しかったし。

性格はウチもずぼらだけど、データを扱うのは好きなんよ。
連合艦隊は戦闘が長くてよそ見する隙も多いから、その間に編集する。
データつけないのは振り返るのがイヤだからってひとも多いわね。

補給艦狩りがはかどるのは掘りあるあるやな(笑)。

>ぽむ氏
掘りをしなければ、もしくはラスダンで沼らなければ
今回も自然回復で十分だったと思う。
攻略そのものより、資源を使ったのは掘りと沼やからな(笑)。

掘りも堀りで、イベント序盤よりイベント後半のがDBの確率上がってるんで、
オンメンテで確率が修正されたのではって疑い。
攻略前に掘るより攻略後に掘るほうが少ない資源でいけたかもっていう
タイミング的なものも大事だったり?
  • 2015-09-07
  • ぴゅんじ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます